TAG

台中

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 私の夜市の歩き方

台湾の夜市は各地に散在していて身近な存在であり、いい思い出作りの場所の一つである。友人、親、子供、恋人、誰と一緒でも楽しめる場所であるが、売り物の種類が豊富である。 少額で充分に楽しめる夜市 大通りから路地一本入ったところに住んでいるので、多くの車が発する騒音から遮断されている。そして、歩いて5分ほ […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 中華路夜市は台中名物

台中の名物は何かと地元民に聞いたことがある。最初は皆あれこれ言っていたが、最終的に「省議会」、「太陽餅(台中の銘菓)」、そして「中華路夜市」に落ち着いた。そこで、気軽に行けて、万人受けする中華路夜市について記述する。 中華路夜市は一大エリア 台中駅から見て北西部に位置する中華路夜市は、主に中華路上に […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 台北人も羨む台中の気候とのんびりさ

台湾中部に位置する台中は、田舎と文化の香りがする都市である。台北や高雄から気軽に来られるが、中間という場所柄か日本人ツアー客はランチのついでに立ち寄る通過点という位置づけの様相である。 位置 台湾は縦長で、台中は西側の真ん中あたりにある。北部に台北、中部に台中、南部に高雄といった具合である。都市の規 […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 自由気ままにタクシーに乗って好きなところに行く

初めての土地で、地元民さながらにバスを乗りこなすのは至難であり、時間が限られていたら、タクシーに乗るのが得策である。なにしろ台数が多いので、路上ですぐに捕まえられる。料金さえ安い。 タクシーを捕まえる 流しのタクシーなら、路肩で挙手して合図すれば、例え反対車線を走行しているタクシーさえUターンしてき […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] バスの利便性は鉄道に勝る

各都市間を移動する時、列車よりもバスを多く利用する。鉄道より気軽で便利だからである。なにしろ本数が多い。また、市内では行きたいところにタクシーより安く気軽に行ける。但し、利用の難易度が高め。 とりわけ便利なのは中長距離バスで、本数が多く、出発直前でもチケットが買えて、列車の到着時刻とそれほど差がない […]