CATEGORY

[1990年代の台湾] 買物に行く

どんなところにいても、どうしても買い物を避けて通ることはできない。台湾は、チップは必要ないけど、場合によっては心付けを渡すのが望ましかったり、値引きが当たり前だと思っていると、恥をかいたりすることになる。そして、顧客至上主義という考えを捨てて、気楽に楽しみながら買い物をするのがベターなところです。

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 値切り交渉はどこまでできるか

アジア諸国には値段交渉が習慣になっているような国もあり、正規料金に予め上乗せした金額になっているから、値切らないと高い買い物になると聞いたことがある。 台湾人は親切な人が多い。明らかに相場より高額だったり、手持ちがなくて少し安ければ買いたいものなら値切るのもありだが、普段は相手が率先してサービスして […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 自然体の台湾人

日本人にとっては当たり前のことが、台湾では違う。頭ではわかっていても、いざ直面すると、理不尽さを感じてしまう。また、見方によって評価が異なってくる。 台湾人は、大雑把に見えるが、視点を変えればとても大らかで付き合いやすい人々である。それほど飾らず、素朴なのである。 台湾人気質 台湾に来た日本人のうち […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 下校や退勤後の食道楽

台湾人の間でも海外旅行が大流行。人数も年々増加の一途を辿る。彼らの行き先の多くはアジア圏で、日本も人気の的である。顔見知りの台湾人が日本から帰ってくると、ニコニコと笑みをたたえて寄ってくる。そんな方々の土産話を拝聴すると、誰もが日本の夜は静かだと口を揃える。確かに店が閉まるのが早い。 台湾の宵は長い […]

  • 2020年9月10日

[1990年代の台湾] 台湾では小銭が重要

台湾で飲み食いしつつ過ごしていても、常に小銭があるようにしたい。買い物するとき、移動するとき、そして、トイレに行くときすら小銭に救われることがある。チップの風習はないものの、日頃から小銭の準備しておくと役に立つ。 台湾通貨 台湾の通貨の名称について、日本人は「台湾元」或いは「ニュ-タイワンドル(NT […]